Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

はじめまして。薬剤科(薬局)です。

「医療人としての誇り・信念」
「専門家としての能力向上」
「患者に対する責任」

はじめに

この四半世紀、医学・薬学の目覚ましい進歩と医療環境の変化に伴い、病院薬剤師の業務も大きく変わりました。これまでの主な業務であった調剤・製剤業務などに加え、ベッドサイドでの服薬指導に代表されるような病棟での業務が中心になりました。

抗がん剤の無菌調製、医薬品情報の的確な管理と提供、治験、医療の安全確保などの業務も加わり、薬剤師としての専門的な知識がこれまで以上に求められています。

個々の患者にあった調剤の提供や、個々の患者にあった最適な薬物療法を推進することが、病院薬剤師にとっての使命であると考えます。そのためにも患者を中心としたチーム医療の更なる充実が必要です。

「医療人としての誇り・信念」を持ち、「専門家としての能力向上」に努め、「患者に対する責任」を果たすよう努力してまいります。

薬剤科の理念

広島記念病院の理念に基づき、適正かつ安全な薬物療法を提供できるよう支援することで、社会に貢献します。

薬剤科の基本方針

  • 薬物療法における患者の安全を確保します(医療安全の推進)。
  • 薬剤の適正使用を推進し、効率的な薬物療法に貢献します(適正使用の推進)。
  • 薬剤師の職能を活かしチーム医療、地域医療に貢献します(チーム医療・地域医療の推進)。
  • 自己研鑽し、質の向上に努め、より専門性の高い薬剤師を育成します(生涯学習の推進)。
  • 医療経済を視野に入れた健全な病院経営に貢献します(健全な病院経営への貢献)。

SITEMAP