Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

放射線科の紹介。

腹部疾患、消化器系疾患に対し、精度の高い画像診断を目指しています。

放射線科の診療内容の概要

  • 各種画像診断(CT、MRI、血管造影など)
  • IVR(血管造影の手抜を利用した治療)
  • その他の放射線診断全般

特徴・特色

腹部疾患、消化器系疾患に対し、CT、dynamic、MRI、MRCPなどを行い精度の高い画像診断を目指しています。
消化器内科や外科と共同で行っている肝悪性腫瘍に対する閉栓術やリザーバー留置術も経験豊富です。

現在当科で行っている主な検査一覧と装置

  • 一般X線撮影
  • 消化管造影検査(胃透視、注腸)
  • CT検査
  • MR検査
  • DSA検査
  • その他(尿路系、乳房撮影、骨塩定量)

外来

院外医療機関からの紹介によるCT、MR検査及び各種画像診断、IVRに関する相談も受け付けています。

設備紹介

一般X線撮影

一般によくご利用されるX線を用いて肺・心臓・腹部・骨などを調べる検査方法です。医療で使用されるX線の量は極々微量なため、人体に影響することはありません。

消化管造影検査

バリウムや水溶性の造影剤を使用し、食道・胃・小腸・大腸等を検査いたします。癌・ポリープ・潰瘍・その他消化管の疾患を診断するための検査方法です。

CT検査

当院では全身用コンピューター断層撮影装置(Aquilion PRIME/FocusEdition 80列(東芝))を設置。マルチスライスCTスキャナーなので一回の呼吸停止で同時に複数の輪切り像が得られます。

3DWS

3DWSを使用することにより、CTから得られた多数の断面画像から立体画像にすることが可能です。これにより病変部の形態をより深く理解することができます。

MR検査

電波と磁石の力を利用し、X線検査では得にくい情報を画像化する放射線被爆の無い検査方法です。血管や臓器の断面を様々な方向で撮影することが可能です。

DSA検査

体内各部の血管の写真を撮影する検査方法です。足の付け根や上肢の動脈・静脈の中にカテーテルと呼ばれる細い管を挿入し、造影剤を注入して連続的に写真を撮影します。

RIS

電子カルテの運用により、それに基づくサブシステムとしてRIS(放射線情報システム)を用いています。これにより患者さんの検査データ等を一括管理することができます。

PACS

放射線を用いた検査画像のデジタル化により、PACS(画像保存と画像の参照を行うシステム)を運用することで、劣化のない長期保存や情報の共有化が可能となります。

その他(尿路系・乳房撮影・骨塩定量)

造影剤を注入して腹部骨盤部を撮影して尿路系を診断する検査。X線撮影により乳ガンを診断する検査。X線を利用して骨粗鬆症・加齢による骨の変化等を早期発見する検査。

SITEMAP