Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

MRI検査の紹介。

MRI検査とは?

MRIとはMagnetic Resonance Imaging(磁気共鳴画像法)の略で、磁場を利用して体の断面像を撮影する装置です。大きな筒状の磁石内に被検者が入り、外部から電磁波を照射すると、からだを構成する水素原子核が共鳴して電磁波を発生します。この電磁波を収集して計算し、体の断面像を作成します。
CTと似ていますが、CTと異なりX線を使用しないので放射線被曝がないこと、CTでは基本的に横断像しか撮れないのに対し、MRIでは縦、横、斜めの任意の断面像が撮れることなどの違いがあります。

MRIでわかること

MRIの画像はCTの画像と比べて筋肉、臓器、骨髄などの濃淡の差が大きく、臓器や組織の区別が容易な独特の画像となっています。このためMRIは、肝臓や膵臓などの臓器や筋肉、皮下組織、脳・脊髄などに生じた炎症や腫瘍などの病変の診断に向いています。
その他、造影剤を使用せずに血管や胆管、膵管などの管腔の画像を撮影することもできます。

MRIが使用できない場合

MRIは強力な磁石を使用するため、埋め込み型ペースメーカーや人工内耳のような医療器具を装着されている方は使用できません。また脳動脈瘤クリップや眼球内金属異物など、体内に金属が埋め込まれている方も原則として使用できません。ただし脳動脈瘤クリップについては、製品によってはMRI検査が可能なものもあります。その他化粧品の一部や入れ墨は鉄を含んでいることがあり、その場合も使用できません。アマルガムやクラウンなどの歯の補綴材は、撮影はできますが局所の磁場の乱れにより画像に歪みを生じることがあります。

SITEMAP