Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

DPCデータを用いた病院指標

DPC (診断群包括分類)制度

DPC (診断群包括分類)制度とは

DPCとは、「Diagnosis Procedure Combination (診断群包括分類)」の略で、医療資源を最も投入した傷病名に加え、手術や処置の種類、合併症や重症度などの医療の内容を数値化した指標です。DPC制度は、その指標に基づき入院患者さん1日あたりの定額の点数から入院医療費を算定する制度です。

病院指標とは

DPC指標をもとに病院の機能や診療の状況などを具体的に数値化し集計したものです。全国で統一された指標を市民の皆さんに情報公開することで、病院での医療の透明化を図り、評価、分析することによって医療の質のさらなる向上を目指します。

DPCデータの公開

現在公開している病院指標は、平成26年度(平成26年4月1日~平成27年3月31日)中に当院を退院した患者さんのデータを集計の対象として作成しています。対象は、保険診療の患者さんとし一般病棟の出来高支払い患者さんを含めます。一方、自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者さんのデータは含まれません。

1. 年齢階級別退院患者数

年齢区分0~10~ 20~30~40~ 50~60~70~ 80~90~
患者数-31 74 130 272 396 874 1116 881 224

定義:平成27年度に当院を退院した患者様の年齢を10歳刻みの年齢階級別に集計しました。年齢階級は90歳以上を1つの階級として設定しています。
集計後の患者数が10未満の場合は、―(ハイフン)にて表記しています。

解説:当院の患者を年齢階級別にみると60歳以上の患者割合が全体の約7割を占めており、70歳台がピークとなっております。

2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ー 外科

DPCコードDPC名称患者数平均在院日数(自院)平均在院日数(全国)転院率平均年齢患者用パス
060335xx0200xx胆嚢水腫、胆嚢炎等腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし92 11.04 7.84 1.09 60.42
060330xx02xxxx胆嚢疾患(胆嚢結石など)腹腔鏡下胆嚢摘出術等76 9.55 6.96 0.00 56.79
060035xx0100xx結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし71 21.48 17.41 2.82 73.06

定義:診断群分類別患者数等は、平成27年度中に広島記念病院を退院した患者さんを、診療科別にDPC14桁コード※の分類基準に従って集計したもので、症例数の多い順に、「患者数、平均在院日数(自院・全国)、他病院への転院率、平均年齢」等を示したものです。これにより、それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることが出来ます。但しDPC14桁コードに該当とならない症例(白内障症例・内視鏡的結腸ポリープ切除・ヘルニア⼿術症例等)が除かれています。また、集計後の患者数が10未満の場合は、―(ハイフン)にて表記しています。
※DPC14桁コードとは、入院で⾏われた治療⾏為を、医療資源を最も投入した傷病名に⼿術、処置の有無などを組み合わせて分類したもので、「診断群分類」とも呼ばれます。現在は2,309のコードに分類されています。

解説:当院外科では消化器外科を得意としております。上位2疾患は、胆のう結石、胆のう炎等に対して腹腔鏡下胆のう摘出術を行った症例で、3位は結腸癌に対し、手術を行った症例です。いずれの症例に対しても積極的に腹腔鏡下手術を行っており、より患者さんの負担の少ない手術を施行しております。

ー 内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 142 14.81 14.34 4.23 70.46
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患手術なし 78 6.54 7.91 1.28 68.29
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 73 10.95 9.20 0.00 73.79

解説:当院内科は消化器疾患を中心に良性、悪性疾患の診断と内科的治療を行っています。
診断群分類別患者数では高齢者に多い「肺炎」が1位となっています。当院の患者構成で高齢者が多くを占めていることが反映されたものと考えられます。
2位は結腸憩室症・結腸憩室炎がとなっています。便の中の細菌によって炎症や出血を来たす病気で、進行すると腸に穴が開き腹膜炎をきたす場合がありますが、その場合は手術を行うケースもあります。
3位は早期胃癌に対し内視鏡的粘膜下層剥離(ESD)を行った症例です。胃癌に対しては、内視鏡検査・超音波内視鏡検査・胃透視などにて的確な病期診断を行います。内科、外科で毎週合同カンファレンスを行い治療方針を決定しており、患者背景を考慮したうえで内視鏡的治療の適応拡大も行っています。ピロリ菌の除菌治療も行なっています。また、DPC14桁コードの分類基準以外の診療として、「大腸ポリープの内視鏡的切除術」を最も多く診療しています。

ー 眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
020220xx97xxx0 緑内障手術あり 片眼 42 4.52 9.57 0.00 69.93
020200xx9710xx 黄斑、後極変性手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし - - 7.99 - -
020220xx97xxx1 緑内障手術あり 両眼 - - - - -

解説:眼科に関しては、緑内障に対して手術う症例が上位を占めております。
緑内障、片目手術に関しては基本的には4泊5日入院で入院手術を行います。
また、DPC14桁コードの分類基準以外の診療として、1泊2日入院の「白内障手術」を最も多く診療しています。

3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 104 15 23 43 - 22 1 第7版
大腸癌 40 63 55 35 - 43 2 第7版
乳癌 - 10 - - - - 1 第7版
肺癌 - - - - - - 1 第7版
肝癌 11 20 13 - - 12 2 第7版

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

定義:5大がんと呼ばれる、胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの数を、UICC 病期分類別(UICC 病期分類国際対がん連合によって定められた規定)、癌取扱い規約(学会・研究会により定められた我が国独自の規定)により集計しています。 UICC 病期分類、癌取扱い規約により①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の 3つのカテゴリによって各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の 4病期(ステージ)に分類するものです。2015年度に退院した患者さんを集計し、集計対象期間中に複数回入院された患者さんはそれぞれ集計をしております。「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。 なお、集計後の患者数が10未満の場合は、―(ハイフン)にて表記しています。

解説:当院は消化器疾患を得意としてる為、「胃がん」「大腸がん」の患者数が多いことが読み取れます。診断から手術や抗がん剤治療といった治療、術後のケアから緩和ケアまで一貫して行うことができ、入院だけではなく外来でも抗がん剤治療を行っています。また、他病院との協力により放射線治療での入院も受け入れています。
なお、転移・再発症例に関しては入院して化学療法を繰り返すケースがあり、重複をするため再発数としてのカウントが多くなっております。

4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等

 患者数 平均在院日数 平均年齢
重症度 0 38 7.4748.53
重症度 1 27 9.93 73.67
重症度 2 34 22.03 83.00
重症度 3 13 27.00 89.69
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -

定義:成人市中肺炎の重症度別患者数等は、平成27年度中に当院を退院した患者さんより、成人(20歳以上)の肺炎患者さんについて重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎を言います。また、重症度0は軽症を表し重症度5は超重症と5段階表示しております。なお、集計後の患者数が10未満の場合は、―(ハイフン)にて表記しています。

解説:軽症から超重症まで幅広い患者さんを診療しています。平均年齢を見ると、高齢者ほど重症化となる傾向がうかがえます。また、平均在院日数も重症度が上がるに連れ長期化していることがわかります。

5. 脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - 13 10.2 81.2 69.23
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -

定義:脳梗塞の病型別の患者さんについて、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計したものです。

解説:当院には神経内科や脳神経外科はない為、脳血管疾患に関しては、必要時に専門病院と連携を取り、迅速に治療、転院が出来る体制をとっております。I63$ 脳梗塞に関しては、当院で脳梗塞の診断がついた症例に関しては、すぐに専門病院へ転院しているため転院率は高く、在院日数は短くなっています。また、主に他院で脳梗塞の診断がつき、当院に胃瘻造設目的等で入院した症例もI63$に該当しています。

6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ー 外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆のう摘出術 205 3.40 8.36 2.44 61.29
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 83 4.88 18.24 1.20 71.40
K7211 内視鏡的結腸ポリープ粘膜切除術 2㎝未満 52 3.19 4.38 0.00 73.38

定義:診療科別に、手術件数の多い順に上位3術式について、症例数・平均術前日数・平均術前日数・転院率・平均年齢を表示しております。

解説:当院の外科手術は消化器外科疾患が中心です。最も多いのが胆のう結石、胆のう炎等に対する腹腔鏡下胆のう摘出術で、年間200例を超えています。次に多いのが結腸癌に対する腹腔鏡手術です。直腸癌を含めて大腸癌に対する手術方針としては、腸閉塞例、他臓器浸潤例、腫瘍が極端に多い場合、及び高度癒着例を除き腹腔鏡手術の適応としています。適応率は大腸癌手術全体の約85%です。超低位直腸癌に対しても、内肛門括約筋合併切除を伴う腹腔鏡手術を行い、出来るだけ永久人工肛門造設を避ける取り組みをしています。3番目は結腸ポリープへ内視鏡的切除を行った症例です。

ー 内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ粘膜切除術 2㎝未満 632 0.63 1.45 0.32 65.46
K7212 内視鏡的結腸ポリープ粘膜切除術 2㎝以上 79 0.13 1.27 0.00 62.84
K6532 内視鏡的胃悪性腫瘍粘膜下層剥離術(ESD) 68 1.13 9.16 0.00 74.09

定義:診療科別に、手術件数の多い順に上位3術式について、症例数・平均術前日数・平均術後日数・転院率・平均年齢を表示しております。

解説:内科で一番多いのは大腸ポリープに対する内視鏡的結腸ポリープ粘膜切除術(EMR)です。内視鏡でポリープのある粘膜の下に液を注入し、スネア(輪状になった電気メス)を用いてポリープを切除します。クリニカルパスを用いて原則1泊2日の入院にて内視鏡的切除を行っています。3番目は、胃がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)です。高周波ナイフでがんの周りの粘膜を切開したのち、更に粘膜下層(粘膜の下の層)を剝離して切除を行っています。胃癌に対しては、内視鏡検査・超音波内視鏡検査・胃透視などにて的確な病期診断を行います。内科、外科で毎週合同カンファレンスを行い治療方針を決定しており、患者背景を考慮したうえで内視鏡的治療の適応拡大も行っています。ピロリ菌の除菌治療も行なっています。

ー 眼科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合) 239 0.01 1.24 0.84 74.56
K2683 緑内障手術(濾過手術) 27 0.04 4.04 0.00 68.26
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 15 0.00 4.27 0.00 72.33

定義:診療科別に、手術件数の多い順に上位3術式について、症例数・平均術前日数・平均術前日数・転院率・平均年齢を表示しております。

解説:眼科では白内障の患者を主に診ています。
この手術は水晶体を摘出した後、眼内レンズを水晶体の場所に固定するものです。ほぼ全ての患者さんが1泊2日で帰られます。

7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.03
異なる 3 0.08
180010 敗血症 同一 3 0.08
異なる 2 0.05
180035 その他の真菌感症 同一 1 0.03
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 15 0.38
異なる 1 0.03

定義:最も医療資源を投入した傷病名が「播種性血管内凝固症候群(DIC)」「敗血症」「その他の真菌感染症」「手術処置等の合併症」であるものについて、当該傷病名と入院の契機となった傷病名が同一であったか否か、また症例数症例数と全症例に対する発症率を示しております。

解説:播種性血管内凝固症候群や敗血症は、DPC請求にて高額な金額が設定(入院医療費が高くなる)されているため、臨床的に根拠のある診断でなければ不適切な請求として疑われかねないDPC病名とされています。厚生労働省による平成26年度の全国DPC対象病院データ集計では、全症例に対する割合は播種性血管内凝固症候群が0.17%、敗血症は0.56%でした。全国値と広島記念病院の発生率を比較した場合、良好な水準と考えています。
手術・処置の合併症では、主に手術・処置などの合併症を主訴として入院され治療を受ける患者の発生率です。全国値は「0.70%」であり全国値と比較した場合、こちらも良好な水準と考えています。当院においては合併症を起こさないように各科で最大限の注意を払いつつ医療を行っておりますが、残念ながら手術や処置においては一定の割合で合併症は生じます。それに関しては手術や処置を施行する前に十分患者さんに説明して、可能性のある合併症についてご理解いただくようにしています。

SITEMAP