Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

胃治療の圧倒的多くを占めているのが胃がんです。わが国のがんの死亡率は肺がんが最も高いのですが、患者数ではいまなお胃がんが最多のがんであり日本人の国民病のひとつとも言えます。

世界に先駆けての長い間の研究が実を結び、日本の胃がんの診断と治療は最高レベルにあり世界をリードしてきました。早い段階で見つかれば内視鏡的治療(ESD)でリンパ節転移の可能性があれば外科手術となりますが、生存率は以前に比べて随分向上してきており治りやすいがんのひとつになっています。

胃がんはよほど進行しないと目立った症状が現れないことが特徴です。早期発見のために、年に1回の検診を心がけましょう。

主な疾患と治療法

当院で治療する胃の疾患は、まれに胃・十二指腸潰瘍がありますが、多くは胃の腫瘍です。なかでも、胃がんが圧倒的に多くを占めますので、この疾患を中心に説明いたします。わが国の胃がんの診断と治療は、ずっと世界をリードしてきました。すなわち、胃がんの外科はJapanese standardがGlobal standardである数少ない領域のひとつです。日本胃癌学会は、2001年に胃癌治療ガイドラインを定め、国内の治療の標準化を目指してきましたが、その目的はかなり達成されました。しかし、まだ標準化できていない点も多く臨床試験で検証中の課題が多くあります。また、実際の運用にあたっては各施設で多少の差があることも事実です。当院における現時点での胃がん治療のあらましを、患者さんの疑問に答える形で述べてみます。

実績

年度別 食道・胃内視鏡検査・治療

 平成24年平成25年平成26年平成27年平成28年
上部消化管内視鏡検査40374236427943364165
食道 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)1066711
胃 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)7861656878

年度別 胃外科治療

 平成23平成24平成25平成26平成27平成28
胃切除術1198363897183
十二指腸・小腸8412202318

医師紹介

【内科】 副院長
隅井 雅晴
副院長 隅井雅晴

日本内科学会 認定医 中国支部評議員
日本消化器病学会 指導医 中国支部評議員
日本消化器内視鏡学会 指導医 中国支部評議員
日本消化管学会 胃腸科認定医
臨床研究ネットワーク指導医
日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医
広島大学医学部臨床教授

専門分野 Field

胃腸疾患・内視鏡治療・消化器科

患者さんへのメッセージ Message

平成15年4月に赴任して以来、胃腸疾患・内視鏡治療・消化器科を中心に診療を行ってきました。
患者さん、ご家族に満足していただける治療を目指して努力していきたいと考えています。

【内科】 内科医長
城戸 聡一郎
内科医長-城戸総一郎
日本内科学会 認定医
日本消化器内視鏡学会 指導医
日本消化器病学会 専門医
日本ヘリコバクター学会 ピロリ菌感染症認定医
医学博士

専門分野 Field

消化器全般、特に胃・大腸の内視鏡治療

  • ヘリコバクターピロリ関連疾患に対する除菌治療
  • 上部消化管内視鏡一般および早期胃癌に対する拡大内視鏡観察

患者さんへのメッセージ Message

専門分野を中心に、一般内科診療も行っています。

【内科】 内視鏡室医長/合同庁舎診療所長
田村 忠正
内科内視鏡医長 田村忠正
日本内科学会 総合内科専門医・認定医・指導医
日本消化器病学会 専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本消化管学会 専門医・指導医

専門分野 Field

消化器全般、特に胃・大腸の内視鏡治療

  • 早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
  • 下部内視鏡検査および大腸ポリープに対する内視鏡的結腸粘膜切除(EMR)

患者さんへのメッセージ Message

医師をはじめ、患者さんに関わる全ての医療スタッフは、より良い治療となるように日々努力を重ねています。地域の中枢病院として診断・治療に苦慮する病変、合併症のリスクが高い患者さんなど治療困難な内視鏡治療も積極的に行い、患者さんとの信頼に根ざした最新の医療をめざして日々努力しています。

【内科】 消化器科医長
木村 茂
消化器科医長 木村茂
日本内科学会 総合内科専門医・認定医・指導医
日本消化器病学会 専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
医学博士

専門分野 Field

消化器全般、特に胃・大腸の内視鏡治療

  • 早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
  • 下部内視鏡検査および大腸ポリープに対する内視鏡的結腸粘膜切除(EMR)

患者さんへのメッセージ Message

わかりやすい説明、安全な内視鏡治療を目指しています。胃癌や大腸癌などの消化器癌は早期治療により克服することのできる病です。早期発見、早期治療のために、ご心配なことがあれば早めにご相談ください。患者さんにとって最良と考えられる、質の高い医療を実践していきます。

【外科】 消化器センター長
二宮 基樹
センター長 二宮基樹
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
消化器がん外科治療認定医
日本臨床外科学会評議員
日本外科学会名誉会員
第87回日本胃癌学会総会会長
広島地方裁判所専門委員
医学博士

専門分野 Field

消化器外科特に胃がんの治療

患者さんへのメッセージ Message

すべての疾患は集学的治療を行う時代に入っています。関連する他科の医師や医療連携室、外来受付、外来・病棟・手術室・化学療法室看護師等と緊密な連携をとりながら、ひとりひとりの患者さんに外来から病棟まで満足していただける医療をめざしています。
永年にわたり日本胃癌学会のガイドライン委員会に加わり委員としてガイドライン策定に携わってきました。また、日本胃癌学会理事として研究推進委員会委員長やプログラム委員会委員長を務め胃癌の研究と診断および治療の発展にも関わってきました。そして、2015年3月には第87回日本胃癌学会総会を会長として広島で開催させていただきました。これらの経験を活かして消化器外科、特に胃癌患者さんの治療に力を注ぎたいと思っています。

学術業績  >

【外科】 診療部長/外科医長/地域包括ケア病棟医長
坂下 吉弘
診療部長/外科医長/地域包括ケア病棟医長 坂下吉弘
日本外科学会 専門医 指導医
日本消化器外科学会 専門医 指導医
消化器がん外科治療認定医
日本臨床外科学会 評議員
ICD(Infection control doctor)
健診マンモグラフィー読影認定医
日本褥瘡学会 褥瘡認定医
臨床研修指導医
医学博士

専門分野 Field

1. 消化器外科 2. 胃外科 3. 一般外科 4. 創傷管理

患者さんへのメッセージ Message

がん治療は、診断されたときから始まり、手術、抗がん剤治療、放射線治療、緩和治療など患者さんにあった治療法が選択されなくてはなりません。どのような治療法が選択されても、どのような段階であっても、患者さんが満足できるようチーム医療で支える事をお約束いたします。
地域包括ケアシステムの実現を支えるために、当院には地域包括ケア病棟を設けています。生活自立度が低く自宅に戻れない患者さんや在宅療法中の方の緊急時の受け皿として、リハビリテーションや在宅復帰を目指した支援をチームで行っていきます。

【外科】 外科医師
豊田 和宏
外科医師 豊田和宏
日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 専門医
消化器がん外科治療認定医

専門分野 Field

消化器外科、特に胃癌の腹腔鏡下手術・集学的治療

患者さんへのメッセージ Message

患者さんやご家族の方々との対話を十分に行い、相談しながら最良の治療方針を決めていきます。

SITEMAP