Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

大腸・肛門

大腸・肛門大腸・肛門グループでは、大腸がん(結腸がん、直腸がん)の内視鏡治療、外科治療、炎症性腸疾患、そのほか肛門疾患を中心に診療を行っています。大腸がんの治療では、患者さんにより侵襲が少ない治療として、内視鏡による粘膜下層剥離術(ESD)や腹腔鏡下手術に積極的に取り組んでいます。

潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患については、内科的な薬物治療を中心に、生涯にわたってQOL(生活の質)の改善、維持を目指して治療を行っています。
患者さんの一人一人にあった最適な治療法を考えていきましょう。

主な疾患と治療法

実績

年度別 大腸内視鏡検査・治療

(平成28年度は1月まで)

 平成24年平成25年平成26年平成27年平成28年
下部消化管内視鏡検査(大腸EMR)24372758284730262696
内視鏡的粘膜切除術(EMR)552719761890912
大腸腫瘍(ポリープ)切除術604788802946818
大腸ステント挿入術1591214
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)00008
内視鏡的止血術3114314210

*平成24年、大腸内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は高度先進医療から保険適応となりました。従来の方法(EMR)では一括切除困難な、2cmを越える大きな腫瘍性病変が適応となります。

大腸内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD) 治療成績(平成28年度 8例)

 結果
平均年齢67.6歳(40~90歳)
男女比男性 4人 女性 4人
病変最大径31.9mm (20~80mm)
最大切除径40.0mm (25~85mm)
時間71.6分 (35~200分)
一括切除率100%
穿孔率0%

年度別 大腸外科治療

 平成23平成24平成25平成26平成27平成28
結腸・直腸切除術149127168183168172

医師紹介

【内科】 副院長
隅井 雅晴
副院長 隅井雅晴

日本内科学会 認定医 中国支部評議員
日本消化器病学会 指導医 中国支部評議員
日本消化器内視鏡学会 指導医 中国支部評議員
日本消化管学会 胃腸科認定医
臨床研究ネットワーク指導医
日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医
広島大学医学部臨床教授

専門分野 Field

胃腸疾患・内視鏡治療・消化器科

患者さんへのメッセージ Message

平成15年4月に赴任して以来、胃腸疾患・内視鏡治療・消化器科を中心に診療を行ってきました。
患者さん、ご家族に満足していただける治療を目指して努力していきたいと考えています。

【内科】 内科医長
城戸 聡一郎
内科医長-城戸総一郎
日本内科学会 認定医
日本消化器内視鏡学会 指導医
日本消化器病学会 専門医
日本ヘリコバクター学会 ピロリ菌感染症認定医
医学博士

専門分野 Field

消化器全般、特に胃・大腸の内視鏡治療

  • ヘリコバクターピロリ関連疾患に対する除菌治療
  • 上部消化管内視鏡一般および早期胃癌に対する拡大内視鏡観察

患者さんへのメッセージ Message

専門分野を中心に、一般内科診療も行っています。

【内科】 内視鏡室医長/合同庁舎診療所長
田村 忠正
内科内視鏡医長 田村忠正
日本内科学会 総合内科専門医・認定医・指導医
日本消化器病学会 専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本消化管学会 専門医・指導医

専門分野 Field

消化器全般、特に胃・大腸の内視鏡治療

  • 早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
  • 下部内視鏡検査および大腸ポリープに対する内視鏡的結腸粘膜切除(EMR)

患者さんへのメッセージ Message

医師をはじめ、患者さんに関わる全ての医療スタッフは、より良い治療となるように日々努力を重ねています。地域の中枢病院として診断・治療に苦慮する病変、合併症のリスクが高い患者さんなど治療困難な内視鏡治療も積極的に行い、患者さんとの信頼に根ざした最新の医療をめざして日々努力しています。

【内科】 消化器科医長
木村 茂
消化器科医長 木村茂
日本内科学会 総合内科専門医・認定医・指導医
日本消化器病学会 専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
医学博士

専門分野 Field

消化器全般、特に胃・大腸の内視鏡治療

  • 早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
  • 下部内視鏡検査および大腸ポリープに対する内視鏡的結腸粘膜切除(EMR)

患者さんへのメッセージ Message

わかりやすい説明、安全な内視鏡治療を目指しています。胃癌や大腸癌などの消化器癌は早期治療により克服することのできる病です。早期発見、早期治療のために、ご心配なことがあれば早めにご相談ください。患者さんにとって最良と考えられる、質の高い医療を実践していきます。

【外科】 院長
宮本 勝也
院長 宮本雅也

広島大学医学部臨床教授
日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 認定医
中国四国外科学会 評議員
日本クリニカルパス学会 評議員
医学博士

専門分野 Field

食道外科、大腸肛門外科を専門分野として、消化管外科、一般外科全般を担当しています。食道外科、大腸肛門外科では、化学療法、放射線治療を組み合わせた集学的治療で病気の根治を目指します。また、患者さんにやさしい医療を提供するために、平成6年に当院に赴任して以来、低侵襲の内視鏡手術に積極的に取り組んでおり、特に大腸癌においては90%以上に内視鏡治療を行っています。

患者さんへのメッセージ Message

患者さんが、もし自分の家族であったらどうするかを考えて治療方針を決めること、患者さんの個別性も重要視し、その方に最適な治療を行うことを心がけています。同じ効果であれば出来るだけダメージの少ない手術を行い、患者さんに負担が少なく、安全で、そして再発の少ない手術を目指しています。

【外科】 内視鏡外科医長
小林 弘典
内視鏡外科医長 小林弘典
日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 専門医
消化器がん外科治療認定医
ICD(Infection control doctor)
臨床研修指導医
医学博士

専門分野 Field

消化器外科、特に大腸癌の腹腔鏡下手術・集学的治療

患者さんへのメッセージ Message

患者さんにとって侵襲がより少なく、かつ根治性の高い外科治療を目指し、大腸癌に対する腹腔鏡下手術に取り組んでいます。高度進行癌や再発癌に対して、化学療法、放射線療法、緩和ケアなど集学的治療も行っています。わかりやすく、丁寧な説明を心がけ、少しでも不安を取り除いて手術に臨んでいただきたいと考えています。

SITEMAP