Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

肝細胞がん

肝細胞がんについて

肝細胞がんは,その8 割がB 型肝炎ウイルス(HBV)やC型肝炎ウイルス(HCV)の持続感染が原因で起こる慢性肝炎がもとで発生するといわれています。最近では、脂肪肝またはアルコール以外が原因となる非アルコール性脂肪肝炎(NASH)という病態が発がんに関連していることが注目されています。肝炎ウイルスが持続感染(キャリアの状態)している場合、HBV の増殖を抑え、HVC を排除することによって肝細胞がんの発生を予防することができます。

肝細胞がんの診断・治療

肝細胞がんの診断

B 型肝炎ウイルス(HBV)やC型肝炎ウイルス(HCV)感染の既往のある患者さんは、肝細胞がんの発生の高リスクとなりますので、超音波検査を主体とした定期フォローが推奨されています。肝腫瘍の診断は、超音波検査をはじめ、血液中の腫瘍マーカー測定も用いた肝細胞がんのスクリーニングも行われます。また、肝硬変症例などのさらにリスクの高い方には、dynamic CT またはdynamic MRI をおすすめいたします。

肝細胞がんの治療

肝細胞癌の治療は、肝臓の機能(肝障害度)、腫瘍の数、大きさの3つの因子をもとに選択されます。肝臓の機能が比較的保たれている場合(肝障害度AまたはB)、肝切除、または肝動脈塞栓療法が主に選択されます。また、肝臓以外の臓器に転移を認める場合、全身化学療法が推奨されます。肝機能が不良な場合(肝障害度C)、肝移植や緩和治療が治療の中心となります。

肝細胞がん治療の治療方針『科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン』(2013 年版)からの抜粋

肝細胞がん治療の治療方針

肝細胞がんの外科治療

肝細胞がんの治療において、手術治療はがんを完全に切除できる(局所制御性)最も確実な治療法です。肝細胞がんの治療方針は、腫瘍の大きさや数、場所および肝予備能を総合的に判断し決定します。肝切除の適応となる肝細胞がんは、肝臓以外の臓器に転移を認めず、個数が3個以下のものです。手術を行う場合、肝機能の評価は非常に重要で、一般的な採血による肝機能検査やICG試験をはじめとする特別な肝機能を評価する検査を行います。治療方針は、肝機能の数値と予定肝切除量とのバランスから決定していきます。

切除に関連して、腫瘍の大きさは制限がありませんが、肝細胞がんの多くは、肝硬変をはじめとする慢性肝疾患を背景として発症するため、肝臓の半分以上を切除するといった比較的大きな肝切除(拡大肝切除)はできない場合が多いといえます。比較的小さながん細胞がんに対しては、より低侵襲な治療として腹腔鏡下肝切除を行います。一方、肝機能が不良で手術ができない場合もありますが、術前化学療法や経皮経肝門脈塞栓術(PTPE)といった特別な処置を行うことで、肝臓の機能の改善を図った後に手術を行う取り組みも行っています。

肝細胞がんの内科治療

がんを確実に取り除くという面から手術は、最も確実な方法ですが、肝機能が悪く手術ができない患者さんには、ラジオ波による穿刺局所療法や肝動脈化学塞栓療法(TACE)などの化学療法、放射線治療を組み合わせた集学的治療を行います。

経皮的ラジオ波焼却療法(RFA)

RFAをはじめとする穿刺局所療法は、局所麻酔でエコーをみながら肝臓の腫瘍に皮膚を通して針を穿刺し、挿入した針からラジオ波を発生させて腫瘍を熱凝固させる治療です。対象となるのは、腫瘍のサイズが3 cm 以下で3 個以下の患者さんです。この穿刺局所療法は比較的安全に施行可能で、出血、肝膿瘍、肝梗塞、消化管穿孔、血胸などの報告がありますが、いずれも1%未満の頻度です。肝門部近くや血管が近い場合、また、大腸などの消化管が近くにある場合は、合併症が起こりやすいため、肝動脈化学塞栓療法(TACE)など他の治療法を行います。

肝動脈化学塞栓療法(TACE)

肝細胞がんは、一般的に肝動脈の血流が豊富になり、腫瘍への栄養を供給するようになります。肝動脈化学塞栓療法(TACE)は、腫瘍を栄養する肝動脈内に血管内カテーテルを使用し、抗がん剤を注入したうえで、塞栓物質を注入し栄養動脈を塞栓することで腫瘍を阻血壊死に陥らせる治療法です。TACE は肝機能がある程度保たれている患者さんで、手術不能でかつ穿刺局所療法の対象とならない多血性肝細胞がんに対する治療法として行っています。

ソラフェニブによる化学療法

肝細胞がんに関しても,胃がんや大腸がんなどと同じようにソラフェニブという「分子標的治療薬」が用いられるようになりました。「分子標的治療薬」は、シグナル伝達(増殖などを促すため、細胞内で指令が伝わっていくシステム)を阻害する作用と血管新生(がんに栄養を運ぶ新しい血管が作られること)を阻害する作用の大きく分けて2つの作用がありますが、ソラフェニブは両者を抑える作用(マルチキナーゼ阻害薬)があります。ソラフェニブによる治療は、外科切除や局所療法、肝動脈化学塞栓療法(TACE)が適応とならない患者さんが対象となる。そして肝機能が良好である必要があります。

従来の抗がん剤治療に比べ、異なった作用を持つことから、治療効果が期待されています。理論的にはがん細胞だけを狙い撃ちする治療で、抗がん剤と比べ副作用が少ないといわれていますが、一方で、必ずしも期待通りの効果が得られないことや、特有の副作用があることも分ってきました。また、分子標的治療薬は一般的に高額であり、多くの場合医療費の負担が増えます。ただし、公的医療保険には、患者さんの負担の上限を定めている「高額療養費制度」があるため、上限額を超えて支払った分は還付される仕組みとなっています。

SITEMAP