Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

膵臓・胆道

膵臓・胆道膵がん、胆道がんをはじめとする肝胆膵領域のがんは、予後不良なことが多く、消化器がんのなかでもっとも治りにくいがんと言えます。しかし、新規抗がん剤の開発や手術手技の向上により、ここ10年の間で切除をうけられた膵がん患者さんの予後は飛躍的に向上しています。また、これまでは進行していたために切除の対象とならなかった患者さんも、抗がん剤や放射線治療などを組み合わせた集学的な治療を行うことで病気のコントロールができるようになってきています。

患者さんやご家族の方々は、とても不安な気持ちで治療に臨まれていることと思います。膵臓・胆道グループでは、難治の肝胆膵領域がんを克服していただくために、スタッフが一丸となり、最新の知見を習得し、患者さんにとって最善の治療を追求しています。

主な疾患と治療法

主な対象疾患

良性疾患

  • 胆石症、急性胆嚢炎、総胆管結石、急性胆管炎
  • 膵胆管合流異常症、胆道拡張症
  • 慢性膵炎、急性膵炎

悪性疾患

  • 膵がん
  • 胆道がん(肝内胆管がん、肝門部胆管がん、遠位胆管がん、胆嚢がん)
  • 十二指腸乳頭部がん
  • 膵嚢胞性疾患(膵管内乳頭粘液性腫瘍 IPMN、粘液産生膵腫瘍 MCNほか)
  • 膵神経内分泌腫瘍

実績

年度別 内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)

 平成24年平成25年平成26年平成27年平成28年
内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)205187204209178

年度別 エコー下処置・治療

 平成25年平成26年平成27年平成28年
エコー下処置・治療104727378

年度別 膵切除術

 平成23平成24平成25平成26平成27平成28
膵切除15136262714

年度別 胆のう摘出術

 平成23平成24平成25平成26平成27平成28
胆のう摘出術191170188228216161

医師紹介

【内科】 膵胆道科医長
江口 紀章
内科膵臓 江口紀章
日本内科学会 認定医・指導医
日本消化器病学会 専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本胆道学会 指導医
日本医師会 認定産業医
医学博士

専門分野 Field

消化器全般、特に膵臓、胆道系疾患

患者さんへのメッセージ Message

標準的治療に加え、最新の知見も取り入れた実績のある治療を基準に行います。診断から治療まで一貫して行い、治療に関しては患者さんにわかりやすい言葉を使用し、治療経過も随時納得のいただける説明を心がけています。良性疾患から悪性疾患まで、丁寧な説明とご理解頂いた治療をしっかりとやり遂げます。

【内科】 総合診療科医長
山本 隆一
内科医師 山本隆一
日本内科学会 認定医
日本胆道学会 指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医
医学博士

専門分野 Field

消化器一般、特に膵臓、胆道系疾患
内科一般

患者さんへのメッセージ Message

胆膵領域の疾患を専門とし、そのほか内科一般の疾患についても対応したいと思います。病気にも、検査でわかる病気と、目ではみえない病気とがあります。検査でわかる病気に対して最善を尽くすのは当然ですが、みえない病気に対しても誠意ある治療を目指しています。

【外科】 リハビリテーション科医長
横山 雄二郎
リハビリテーション科医長 横山雄二郎
日本外科学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
消化器がん外科治療認定医
医学博士

専門分野 Field

消化器外科、特に胆膵外科
消化器がんだけでなく、胆石症などの良性疾患に対する低侵襲な腹腔鏡手術も手掛けています。

患者さんへのメッセージ Message

「患者さんの1人1人のニーズに合った患者さん中心の安全な医療」を目指し精一杯努力しております。患者さんの身体的な状況やご意向を尊重し、最適な治療のお手伝いができればと考えています。

【外科】 肝胆膵外科医長
橋本 泰司
肝胆膵外科医長 橋本泰司
日本外科学会 専門医 指導医
日本消化器外科学会 専門医 指導医
消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会 専門医 指導医
日本肝胆膵外科学会 高度技能専門医 評議員
臨床研修指導医
医学博士

専門分野 Field

消化器外科 特に、肝胆膵外科
膵癌、胆道癌に対する集学的治療

患者さんへのメッセージ Message

膵癌、胆道癌をはじめとする肝胆膵領域の癌は、予後不良なことが多く、患者さんやご家族の方々は、とても不安な気持ちで治療に臨まれていることと思います。この難治の癌と対峙するため、スタッフ一同、手術手技の向上に努め、最新の知見をもとに患者さんにとっての最善の治療法を追求し、その経験の全てを患者さんに還元していきたいと考えています。どんな状況でも、決してあきらめることなく、患者さんとご家族とともにベストを尽くし続けます。

SITEMAP