Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

膵臓・胆道の検査

内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)

膵管や胆管の造影検査 細胞の採取やステント治療も行います

内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)

内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)は、胆嚢、胆管あるいは膵臓の病気を診断・治療するために、口から内視鏡を挿入して行う検査・治療です。十二指腸にスコープの先端を挿入し、膵管や胆管に造影剤を注入し直接胆道系、膵管を造影したり、細胞を採取することができます。また、治療を目的にERCPを行う場合として、総胆管内の結石を乳頭部から摘出するために、内視鏡下に電気メスで十二指腸の胆汁の出口を切開する内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)や内視鏡下に、風船(バルーン)を用いて十二指腸乳頭の出口を拡張する内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD)があります。総胆管の狭窄で胆汁の排泄が悪くなっている部位に対して、内視鏡とX線を見ながら、プラスチックのチューブや金属のステントを挿入する内視鏡的ステント挿入術(EBD)などの処置も行います。外科処置よりも低侵襲のため、患者さんにやさしい治療といえます。

超音波内視鏡(EUS)

くわしく見えるエコー検査 ピンポイントで細胞の生検ができます

超音波内視鏡は、内視鏡の先端に超音波振動子がついた特殊な内視鏡を使用します。ERCPと同じように、口から胃・十二指腸に挿入し、体の中から胆嚢,胆管,膵臓を観察します。体外式の超音波検査より近くから観察ができるため、病変がより詳細に観察可能です。特に、胆嚢ポリープ、胆管ポリープ、総胆管結石、胆管腫瘍、膵嚢胞、膵がんなどが良い適応になります。また、内視鏡の先端から細い針を出して、超音波画像を観察しながらリアルタイムに病変から組織を取ってくる超音波内視鏡下穿刺術(EUS-FNA)も施行しています。

SITEMAP